2023年 新年祭講演会のご案内

       「浄土の光と死―宗教と造形」

         世界各地の宗教において「崇高な光」は魂の救済の象徴として

        普遍的で根本的な役割を担ってきました。仏教でも華厳(けごん)

        の盧舎那仏(るしゃなぶつ)、密教の大日如来、浄土教の阿弥陀如

        来などは典型的な光の存在です。このうち現世と死後の魂の双方

        に深く関わったのは浄土教でした。そこでは現世での修行として

        の「観想」(瞑想)と、人の死に際して浄土から来迎する阿弥陀如

        来への熱烈な信仰がありました。死の極端な場合には、極楽浄土

        の東門に対するとされた大阪・四天王寺の西門の海岸から沖へと

        漕ぎ出して入水するものもありました。浄土教は平安時代後期か

        ら隆盛し、信仰と結びつく造形が盛んに制作されましたが、今回

        は平安時代から鎌倉時代の代表的な作例を通じて、光の霊性とか

たちの問題を考えたいと思います。    (金子啓明)

        日時   2023年1月9日(月・祝) 13:00~15:00

              新年祭講演  講師 金子啓明

             交流会

       会場 オイリュトミーハウス

                  東京都新宿区大久保2-10-2 山崎ビル102

       参加費 会員・学生 1,000円 一般 1,500円

        申込み・問合わせ Fax 047-336-4178(協会事務局)

              E-mail  country.society.japan@gmail.com