2017年に開始した講座です。2023年のクリスマス会議100周年を内的に祝うために、第一ゲーテアヌム(Ⅰ913-1920、1922年大晦日に放火炎上)で造形されたことを追体験していきます。「ゲーテアヌムから学ぶこと」が本講座のサブタイトルです。

2017年度(第一期)

Ⅰ 色ガラスを見る・描く―光の総譜としての

Ⅱ プラトン立体を見る・描く―愛の礎石としての

Ⅲ 惑星封印を見る・描く―未来の形姿としての

2018年度(第二期)

Ⅰ 続:色ガラスを見る・描く―光の総譜としての 

Ⅱ 大ドーム天井画を見る・描く―色彩のうねりとしての

Ⅲ 小ドーム柱脚モチーフを見る―神々の座としての

Ⅳ ドルナッハのコロニーについて―大地の救済としての

2019年度(第三期)

Ⅰ 色ガラスを見る・描く―光の総譜としての(その3)

 人類の典型を見る・刻む-キリスト存在

Ⅲ アーキトレーブ(台輪)を描く・動く―レムニスカートとフォルムの造形の体験―

2020年(第四期)

Ⅰ 小ドーム柱脚モチーフを見る―神々の座としての(その2)

2021年度(第五期)

普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本 主催行事

特記のない限り、会場はすべてオイリュトミーハウスです。
東京都新宿区大久保2‐10‐2‐102
03‐5273‐2591(JR新大久保駅から徒歩13分)
(東京メトロ副都心線/西早稲田駅から徒歩 7 分)

芸術講座開催のお知らせ

10月に休会となりました芸術講座は、2023年2月25日(土)26日(日)に開催予定です。

詳細は改めてお知らせいたします。

■ アントロポゾフィー芸術講座 ―死と再生のドラマ―

  クリスマス会議100周年に向けて ゲーテアヌムから学ぶこと《第Ⅵ期》

  • ―大ドームの柱頭のメタモルフォーゼ グラフィック表現として

 

※この講座は講師の都合により休会となりました。

日 時:2022年10月22日(土)& 23日(日)

         土曜日 14:30~18:00(途中休憩をはさみます)

日曜日  9:30~13:00(途中休憩をはさみます)

講 師:石川 恒夫

参加費:2日間通し6,000円(会員・一般 )

アントロポゾフィー芸術講座 ―死と再生のドラマ―クリスマス会議100周年に向けて ゲーテアヌムから学ぶこと〈第Ⅵ期〉ー小ドームの柱頭のメタモルフォーゼ 版画として

日 時:2022827日(土)& 28日(日)

         土曜日 14:30~18:00(途中休憩をはさみます)

日曜日  9:30~13:00(途中休憩をはさみます)

講 師:石川 恒夫

参加費:2日間通し6,000円(会員・一般 )

公開芸術講座 フォルメンを描く(3回シリーズ)(アントロポゾフィー関西)

日時

第1回目 2021年 7月25日 (日) 「結び」の秘密 10:00~15:30 (3コマ+交流会)

講師

石川 恒夫

会場

星の里いわふね(交野市立いわふね自然の森スポーツ・文化センター)天体研修センター

定員

15名

参加費

5,500円(1日3コマ通し、1コマ2,000円)

申込み・問合わせ

アントロポゾフィー関西事務局
E-mail : anthroposophie.kansai.2019@gmail.com Fax 072-621-8237
HP anthroposophie-kansai.jimdosite.com
*HPで最新情報をご確認ください。コロナによる変更の可能性あり。

アントロポゾフィー芸術講座 -メタモルフォーゼの体験-

クリスマス会議100周年に向けて ゲーテアヌムから学ぶこと《 第Ⅴ期 》
1.アーキトレーブ(台輪)にみるレムニスカートのメタモルフォーゼ

日時

2021年 8月28日(土)14:30~18:00 ( 途中休憩をはさみます )
2021年 8月29日(日) 9:30~13:00 ( 途中休憩をはさみます )

講師

石川 恒夫/吉野 一恵(オイリュトミー)

参加費

会員・一般 6,000円(2日間通し)