単なるキリスト教のお祝いではなく、人類の発展にとって普遍的な意味をもつ季節の祝祭をお祝いします。アントロポゾフィーの観点から、季節の節目が語ること、キリスト的なものを考えます。オイリュトミーと講演(シュタイナーの講演を朗読する時もあります)、交流会で構成されています。なお、新年祭は例年、金子啓明氏による日本の仏教彫刻とその精神性に関する講演が行われています。

普遍アントロポゾフィー協会-邦域協会日本 主催行事

特記のない限り、会場はすべてオイリュトミーハウスです。
東京都新宿区大久保2‐10‐2‐102
03‐5273‐2591(JR新大久保駅から徒歩13分)
(東京メトロ副都心線/西早稲田駅から徒歩 7 分)

新年祭 2021年1月11日(月・祝)14:00~

講師:金子 啓明

参加費(いずれも):会員500円/一般1,000円

クリスマス祭 12月24日(木)18:30~

講師:吉田 実生

ミヒャエル祭 10月4日(日)14:00~

講師:上松 佑二

ヨハネ祭 6月28日(日)14:00~(終了)

 *夏至のお祭りとして6月24日ですが、本年度は28日に行います。

     講師:山際 勇起

聖霊降臨祭 5月31日(日)(中止)

*移動祝日(復活祭から50日)

     講師:上松 佑二

    *中止となりました。講演の要旨は会報『アントロポゾフィア』に掲載しました。

復活祭 2020年4月12日(日)(中止)

*移動祝日(春分の後の満月の後の最初の日曜日)

     講師:石川 恒夫(1920年4月3日のシュタイナーの講演朗読)

   *中止となりました。朗読される予定だった講演は会報『アントロポゾフィア』に掲載しました。